圧倒的実績!!顧客数900世帯以上!札幌でのお散歩代行ならペットステーション!

お散歩代行 札幌
加盟店番号 100627
ペット・ステーション
日本ペットシッターサービス札幌店
動物取扱業  札健動セ登録第 188号
東京海上火災ペットシッター賠償責任保険加入  TEL 011-763-3990
HOME スタッフ
紹介
シッターの
意義
シッターの
内容
シッターの
流れ
お散歩代行
料金案内 お問合せ 見積り依頼 店長の
ブログ
リンク集

札幌ペットシッター初めての方へ  札幌ペットシッターサイトマップ  札幌ペットシッター特定商取引法に基づく表示  札幌ペットシッター動物取扱業者標識  札幌ペットシッターお問い合せ 札幌ペットシッターシッターQ&A

札幌ペットシッターペット関連サービス

札幌ペットシッターお散歩代行(ドッグウォーク)


札幌ペットシッターお散歩の意義

犬は元来お散歩することが大好きです。

犬の祖先は狩猟の達人と言われています。

その名残で、犬はお散歩をハンティングの代わりととらえているのかもしれません。

ハンティングをすることもなくなった現在でも、犬にとってお散歩は重要な意味を持ちます。

運動不足の解消   社会性を身につける  排泄場所
飼い主と犬との信頼関係の形成   絶好の犬のしつけ訓練の場所

等があげられます。


お散歩の嫌いな犬

そうはいっても、お散歩の嫌いな犬もおります。

小型犬などの場合によく見受けられます。

しかし、それは先天的なものよりも、後天的な影響が非常に大きいと考えられます。

犬は、最初に外に出る時は好奇心いっぱいである反面、未知のものに怖がったりするものです。

そんな時に、何か嫌な出来事があると(例えば他の犬に追いかけまわされたとか)
その後は、極端に外に出るのを嫌がることもあります。

飼い主様も、嫌がる犬を無理矢理に外に出すのは可哀想だと考えて、家の中で十分と思うようになります。

そんな場合は、やはり、無理に外に出そうとはせずに、もう一度徐々に外の雰囲気に慣れさせるよう
段階をふんでお散歩できるようにするのがいいと思います。


札幌ペットシッターお散歩へのこだわり

ペット・ステーションでは、犬のお散歩にこだわっています

定期的なお散歩をさせなかったり、短いお散歩時間で済ませてしまったりすることによって、
さまざまな弊害が出てくる場合があります。

運動不足による肥満やストレスがその代表的なものです。
特に大型犬の場合は、深刻な問題になる場合もあります。

肥満は犬の寿命にもかかわってくる問題ですので、飼い主様には是非注意していただきたいと思っています。

当店では、犬のお散歩にこだわり、お散歩の時間がなかなかとれない方や、
日頃は毎日お散歩をさせているのだけれど、急な都合やアクシデントにより
お散歩に出られない飼い主様のサポートとして、犬のお散歩代行(ドッグウォーク)を行っています。

散歩だけでのお申し付けも、お気軽に当店まで声をおかけください。
30分からを基本時間として受け付けております。

ワンちゃんの性質にあわせたお散歩を心がけております。


お問合せ       料金案内